【アサヒのドライゼロサマーショット】キレのある味わいにひんやりとした冷涼感のあるのどごし

ノンアルコールビールで飲み会

アサヒビールが製造・販売するノンアルコールビールの1つに「ドライゼロサマーショット」があります。

これはドライゼロのビールらしさと爽快感・冷涼感を合わせて感じられるノンアルコールビールを目的として開発された製品です。

独特な香料を使うことで爽快感・冷涼感を感じられるようになっており、特に夏向けのノンアルコールビールとして知られています。

今回は、そんなドライゼロサマーショットについて詳しくチェックしていきましょう。

なお、本製品は2020年から期間限定で販売されています。

この機会に他のノンアルコールビールも飲んでみたいと思っている人は、以下の記事もあわせてご参考ください。

目次

アサヒ ドライゼロサマーショット

出典: https://www.asahibeer.co.jp/

基本情報

製品名ドライゼロサマーショット
メーカーアサヒ
スタイルラガー
アルコール度数0.00 %
原材料食物繊維
大豆ペプチド
ホップ
炭酸
香料
酸味料
カラメル色素
酸化防止剤(ビタミンC)
甘味料(アセスルファムK)
エネルギー23 kcal/100 mL
糖質4.39 g/100 mL
ナトリウム3.90 mg/100 mL

ドライゼロサマーショットの概要は上記のとおりです。

爽快感・冷涼感を味わえるように特殊な香料が添加されていますが、それ以外にもいくつかの添加物が使われているのが特徴です。

完全無添加のノンアルコールビールではないので、健康面の影響を考える人や人工甘味料独特の甘みが苦手な人はよく考えてから購入しましょう。

レビュー:アサヒ ドライゼロサマーショット

ビールグラス

初めてドライゼロサマーショットを飲んでみようか考えている人の中には、口コミやレビューがどうなっているのか気になる人もいるのではないでしょうか?

そこで、ここではSNSやECサイトに掲載されている口コミからどのような評判の製品なのかをチェックしていきましょう。

購入を検討している人は要チェックです。

編集部コメント

「三ツ矢サイダー味のノンアルコールビール」というレビューが見つかりました。

爽快感を感じさせるために添加している香料などの成分がそのようなテイストを生み出しています。

ビール風味の炭酸水をイメージしておくといいでしょう。

ノンアルビールのドライゼロに、喉越しの冷涼感を加味した季節限定商品です。

冷蔵庫でしっかり冷やしてから飲んでみたのですが、、そもそも冷えているので、それ以上の特別な冷涼感というのは感じませんでした。

その代わりに、んんっと思ったのが妙な甘さです。缶のまま飲んだこともあり、まるでブラインドテストを受けたように、これってビール風味だったよね、チューハイ系じゃないよね…と味覚がおかしくなったのかと思ってしまいました。

原材料を見ると甘味料(アセスルファムK)と記載されています。これはオリジナルのドライゼロも同様ですが、この甘味は必要なのでしょうか。

ビール系ならではのホップの苦味と合成甘味料による強い甘味を、ほぼ同時に口中で感じることに大きな違和感を覚えました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B087ZSFT8J/

冷涼感よりも甘みが気になるという意見もあります。

人工甘味料が使われているので、強い甘みを感じることは避けられないでしょう。

したがって、人工甘味料がもつ独特の甘みが好きか嫌いかによってドライゼロを購入するか判断するのもオススメです。

価格/購入方法:アサヒ ドライゼロサマーショット

陳列されているノンアルコールビール

ドライゼロサマーショットはAmazonや楽天市場、YahooショッピングなどのECサイトで販売されています。

ただし、毎年期間限定(例年6月下旬~8月末)で販売されているだけではなく、予定数量の出荷が完了すると販売終了に鳴るのですでに売り切れになっている可能性があるでしょう。

一方で在庫があれば期間終了後も販売されている可能性があります。

ドライゼロサマーショットを飲んでみたいと思っている人は、ぜひ以下から在庫状況をチェックしてみてください。

よくある質問:アサヒ ドライゼロサマーショット

続いて、ドライゼロサマーショットに関してよくある質問とその答えをチェックしていきましょう。

購入しようか迷っている人は、ぜひこれから紹介する情報も判断材料に加えてみてください。

※構成書に質問が書いてなかったので一旦ここまで執筆しておきます※

アサヒのノンアルコールビールラインナップ

さまざまなノンアルコールビール

アサヒビールでは、今回紹介しているドライゼロサマーショット以外にもさまざまなノンアルコールビールを製造・販売しています。

今回はその中から以下の3製品を紹介します。

  • DRY ZERO(ドライゼロ)アサヒ
  • DRY ZERO FREE (ドライゼロフリー)
  • ヘルシースタイル(Healthy Style)

アルコール入りビールに近いテイストを再現した製品やトクホに指定されている製品などさまざまなので、自分が求めるものに応じて最適な1本を探してみてください。

DRY ZERO(ドライゼロ)アサヒ

「DRY ZERO」は、2021年時点で5年連続でノンアルコールビールテイスト飲料として売上No. 1を記録しています。

大人気ノンアルコールビールなので、飲んだことがある人や販売されているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか?

ビールらしいドライな喉越しやキレ、クリーミーな泡を楽しめる製品なので、ビールの代わりになる1本を探している人や休肝日向けのノンアルコールビールを探している人はぜひ飲んでみてください。

ドライゼロサマーショットは爽快感や冷涼感を意識した製品ですが、DRY ZEROはビールの味を再現することを意識した製品です。

DRY ZERO FREE (ドライゼロフリー)

「DRY ZERO FREE」は、エネルギー・糖質・プリン体・人工甘味料・アルコールの5つが全く含まれていないノンアルコールビールです。

それでいてホップの味わいをしっかり感じられる仕上がりなので、スッキリとしていてビールらしいテイストを楽しめるでしょう。

ただし、実際に飲んでみるとフルーティな香りを感じるので、ここが好き嫌いが分かれるポイントになるかもしれません。

ドライゼロサマーショットとは違って人工甘味料を一切使用していないため、独特の甘み・強い甘みが苦手な人にもオススメです。

ヘルシースタイル(Healthy Style)

「ヘルシースタイル」は健康増進法に基づいた特定保健用食品(トクホ)として製造・販売されている製品です。

エネルギーゼロ・糖質ゼロなのはもちろん、難消化性デキストリンを含むことで食後の血中中性脂肪濃度の上昇を穏やかに健康機能を備えていることからトクホの表示が認められています。

食事中にも合うさっぱりとした味わいが特徴です。

ただし、酸化防止剤や大豆ペプチドなどの人工的な添加物はいくつか使用されています。

添加物が気になる人は、十分に注意して栄養成分表や原材料表示をチェックしてから購入しましょう。

アサヒ以外の大手ビール企業のノンアルコールビール

さまざまなビール

ノンアルコールビールを製造・販売しているメーカーはアサヒビールだけではありません。

キリンやサントリーもさまざまな製品を販売しているので、ここからはそれらの製品についてもみていきましょう。

今回紹介する主な製品は以下の4つです。

  • キリン:GREEN`S FREE(グリーンズフリー)
  • キリン:零ICHI(ゼロイチ)
  • サントリー:ALL-FREE(オールフリー)
  • サントリー:からだを想うALL-FREE (オールフリー)

こちらもビールらしいテイストを楽しめるものから健康志向の人向けのものまでさまざまです。

ぜひ、自分がノンアルコールビールに求めるものに応じた製品を探してみてください。

キリン:GREEN`S FREE(グリーンズフリー)

「GREEN’S FREE」は良質な素材を使うことにこだわって製造されているノンアルコールビールです。

ビールに使うのと同じ麦芽や希少なネルソンソーヴィンホップを使用しており、爽快感があるスッキリとした味わいを楽しめます。

香料や甘味料は添加されていないため、麦芽本来の苦味やホップ本来の爽快感を味わえるでしょう。

本格的な味わいを楽しみつつも自然派で行きたい人にオススメです。

キリン:零ICHI(ゼロイチ)

「零ICHI」は、一番搾り製法で造られたキリン製のノンアルコールビールです。

キリンといえば一番搾りというくらい有名な製法ですが、その製法を使っていることでアルコール入りビールに近い味わいを実現しています。

甘味料や香料は使っていないものの、水あめや酸味料を添加しているので独特な甘みや酸味を感じるかもしれません。

とはいえ、味の好みは人それぞれなので、ぜひ一度飲んでみてはいかがでしょうか?

サントリー:ALL-FREE(オールフリー)

「ALL-FREE」は、糖質・エネルギー・プリン体が一切含まれていないノンアルコールビールです。

それでいてアルコール入りビールに近いテイストを再現しており、ホップの爽やかな香りも楽しめます。

若干酸味が強い味わいですが、違和感を覚えるほどでもないでしょう。

ビアカクテルの原料としてもオススメなので、ぜひ一度試してみてください。

サントリー:からだを想うALL-FREE (オールフリー)

「からだを想うALL-FREE」は、ローズヒップ由来のティリロサイドを含むことで内臓脂肪を減らす効果に期待できるノンアルコールビールです。

前述したALL-FREEの原材料をそのまま使用し、苦味料を加えることでよりインパクトがあるテイストを実現しています。

一方でビールらしさは少なく、フルーティなテイストの1本です。

スッキリとしていて食事中などでも飲みやすいので、気になる人は一度試してみてください。

【アサヒのドライゼロサマーショット】まとめ

海外から輸入したノンアルコールビール

アサヒビールのドライゼロサマーショットは2020年から夏季限定で販売されているノンアルコールビールで、爽快感や冷涼感を楽しめる1本です。

夏場に飲むのにピッタリの1本なので、販売期間になったらぜひ試してみてください。

とはいえ、ドライゼロサマーショットが販売されていない期間でもほかのノンアルコールビールを楽しめます。

多くのメーカーがさまざまなノンアルコールビールを製造・販売しているので、ぜひ自分に合った1本を探してみてください。

以下のページでは市販されているノンアルコールビールについて一覧で紹介していますので、ぜひご参考ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ノンアルコールビール事業担当。ノンアルコール・ローアルコールビール専門メディアのAlldropでは商品の写真撮影やレビュー記事を執筆。まだ日本では知られていない海外のノンアルコールビールや醸造所の情報をお届けし、様々な価値を提供できればと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる