業務スーパーのノンアルコールビール「Burgbrau」はドイツ直産の本格派だった

Burgbrau

安価で高品質な食品類を販売している業務スーパーを日々の生活で活用している人も多いのではないでしょうか?

そんな業務スーパーでは、「Burgbrau」というノンアルコールビールをドイツから直輸入して販売しています。

珍しいノンアルコールビールを探している人に特におすすめなので、興味がある人はぜひ飲んでみてください。

今回はBurgbrau以外のものも含めて、業務スーパーで販売されているノンアルコールビールについて詳しくご紹介します。

安価にノンアルコールビールを飲みたい人や、珍しいノンアルコールビールを探している人は業務スーパーをチェックするのがおすすめです。

目次

業務スーパーのおすすめノンアルコールビールはBurgbrau

海外ノンアルコールビール

せっかく業務スーパーに行くなら、ぜひBurgbrauを飲んでみてください。

Burgbrauは業務スーパーでしか購入できないノンアルコールビールなので、自分にピッタリのノンアルコールビールを探しているなら見逃せません。

ここではBurgbrauの特徴や価格を詳しくご紹介します。

とてもおすすめのノンアルコールビールの1つなので、ぜひチェックしてみてください。

Burgbrauの基本情報

商品名Burgbrau
製造国ドイツ
スタイルラガー
アルコール度数0.00 %
原材料麦芽
ホップ抽出物
エネルギー19 kcal/100 mL
タンパク質0.3 g/100 mL
炭水化物4.2 g/100 mL

Burgbrauの基本的な情報は上記のとおりです。

原料は麦芽とホップで、人工的な添加物は使用されていません。

もちろんアルコール分も0.00 %なので、健康上の理由などでお酒を避けている人でも安心して飲める1本です。

ノンアルコールビールなのに500mLで78円の破格のお値段

Burgbrauは業務スーパーで500 mL入りのものが78円(税込)という破格の安さで販売されています。

一般的なノンアルコールビールは350 mL入りのものが100円~150円/本程度で販売されていることを考えると、Burgbrauは非常に安価といえるでしょう。

1ヶ月毎日飲んだ場合のコストを計算しても、78円×31本=2,418円です。

2,500円以下のコストで毎日ノンアルコールビールを楽しめると考えると、安価に飲めるノンアルコールビールを探しているなら見逃せません。

業務スーパーのノンアルコールビールの口コミ・評判

海外から輸入したノンアルコールビール

Braubragがいくら安価に購入できるといっても、品質や味に問題があるなら良い製品とはいえません。

そこで、実際に飲んだ人の口コミや評判をチェックしてみましょう。

これから初めて購入する人や、業務スーパーで見かけて購入するかどうかで悩んでいる人は必見です。

これらの口コミをチェックすると、安価でありながらもコクがあると好評なことがわかります。

一方で飲み口が微妙だったり後味が独特だったりするなど、賛否が分かれている部分もあることもわかるでしょう。

味についてどう感じるかは人によって異なることを考えると、実際に飲んで自分に合うかチェックするのが最もオススメです。

安価で試しやすいので、近くに業務スーパーがあるならぜひ購入してみてください。

業務スーパーのノンアルコールビールの気になるお味は

実際にレビューしたノンアルコールビール

次に、Burgbrauの味についてチェックしていきましょう。

実際にグラスに注いでみると、一般的なビールに比べて色が薄い印象です。

泡立ちは良いものの、消えるスピードがやや速いのも気になります。

一口飲むと麦芽の香ばしさを感じられ、これは麦とホップのみを原料としているメリットといえるでしょう。

人工的な添加物が使用されていないので、素材そのものの味をしっかり楽しめるのは大きなメリットです。

少しの苦味とフルーティさを感じられるので、ちょっと変わったノンアルコールビールを飲んでみたいと思っている人もぜひ試してみてください。

業務スーパーのノンアルコールビールはビアカクテルで楽しむのがおすすめ

カクテル

業務スーパーのノンアルコールビールはそのまま飲んでももちろん美味しいものですが、ビアカクテルにして楽しむのもおすすめです。

今回は特におすすめのビアカクテルとして以下の3つをご紹介します。

  • ノンアルコールビール×ジンジャーエール
  • ノンアルコールビール×桃の缶詰
  • ノンアルコールビール×冷凍マンゴー

それぞれのビアカクテルの作り方や特徴について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ノンアルコールビール×ジンジャーエール

ビールをジンジャーエールで割ったものをシャンディガフといい、程よい苦味と甘みを楽しめます。

具体的な作り方は以下のとおりです。

  1. グラスにジンジャーエールを注ぐ
  2. ノンアルコールビールをやや高めの位置から注ぐ
  3. 好みに応じてレモン果汁やライム果汁を加える

簡単に作れるビアカクテルなので、ぜひ試してみてください。

他にも、ノンアルコーブリールにハチミツやショウガを入れて加熱し、ホットシャンディガフにするのもオススメです。

ノンアルコールビール×桃の缶詰

ノンアルコールビールに桃の缶詰を加えればビアベリーニの完成です。

スッキリとした甘さと桃のジューシーさ、程よい苦味や炭酸を味わえます。

作り方は以下のとおりでとても簡単なので、気になった人はぜひ飲んでみてください。

  1. ノンアルコールビールをグラスに注ぐ
  2. ノンアルコールビールと同量の炭酸水をグラスに注ぐ
  3. 缶詰の白桃を適当に切って入れる

ここでは同量の炭酸水を加えるレシピを紹介していますが、こちらは好みに応じて加減してOKです。

ビールと白桃のみでも美味しいビアベリーニを楽しめます。

ノンアルコールビール×冷凍マンゴー

冷凍マンゴーを氷代わりに使うだけでビアマンゴーオンザロックの完成です。

とても簡単にフルーティなビアカクテルを楽しめるので、ぜひこちらもお試しください!

作り方は以下のとおりです。

  1. 冷凍マンゴーを数個グラスに投入する
  2. ノンアルコールビールをグラスに注ぐ

マンゴーの甘さとノンアルコールビールの酸味や苦味がしっかりマッチするビアカクテルです。

普通にノンアルコールビールを楽しむのもいいものですが、少しアレンジするだけでまた違った味を楽しめます。

韓国産のローアルコールビール「Sky」も業務スーパーで購入可能

ノンアルコールビール 製造方法

今回は業務スーパーで購入できるコスパ抜群のノンアルコールビールとして「Burgbrau」を紹介していますが、業務スーパーでは他にも韓国産のローアルコールビールとして「Sky」を販売しています。

Skyはアルコール度数が1%未満(0.7%)なのでノンアルコールビールの定義を満たしていますが、一般的なアルコール分0.00%の製品ではない点に注意してください。

完全ノンアルコールの製品を探しているなら、Burgbrauのほうがオススメです。

Skyは350 mL入りのものが55円(税込)で販売されており、リーズナブルなので一度試してみてもいいでしょう。

ただし、こちらはすべての業務スーパーで販売されているわけではありません。

取り扱いしていない店舗があるため、近くの店舗で販売されていない場合は何店舗かチェックする必要があるでしょう。

業務スーパーのノンアルコールビールのよくある質問

グラスに注いだノンアルコールビール

ここからは、業務スーパーでノンアルコールビールを購入するときによくある質問をチェックしていきましょう。

業務スーパーで迷わず購入するためにも、これらの情報をしっかりチェックしておいてください。

Q: どこで購入することができますか?

全国にある業務スーパーで購入できます。

ただし、Skyは取り扱っていない店舗もあるので、近くの店舗で取り扱いがあるか確認しておきましょう。

Q: ノンアルコールビールですか?ローアルコールビールですか?

Burgbrauはアルコール分0.00%のノンアルコールビール、Skyはアルコール分0.7%のローアルコールビールです。

Q: どこの会社が製造していますか?

Brugbrauはドイツのメーカーが、Skyは韓国のメーカーが製造していますが、具体的なメーカーは公開されていません。

輸入事業者はいずれも神戸物産(業務スーパーの運営会社)です。

業務スーパーで販売されている国産ノンアルコールビールも紹介

ビールを注ぐ

業務スーパーでは輸入ノンアルコールビールだけではなく、国産のノンアルコールビールも販売されています。

国産ノンアルコールビールの中にもオススメの製品がたくさんあるので、今回は特にオススメのものとして以下の3つをチェックしていきましょう。

  • 零ICHI
  • ALL-FREE
  • DRY ZERO

今回ご紹介する3本はいずれもビールに近い味わいを楽しめるノンアルコールビールです。

零ICHI(ゼロイチ)

キリンの「一番搾り製法」で製造されたノンアルコールビールが「零ICHI」です。

アルコール入りのビールに近い味わいを楽しめるので、ビール代わりになる1本を探しているならぜひお試しください。

ただし、零ICHIには水あめや酸味料、香料、乳化剤などの添加物が含まれています。

無添加のノンアルコールビールを探している人には向いていないといえるでしょう。

ALL-FREE(オールフリー)

サントリーの「ALL FREE」もアルコール入りのビールに近い味わいを再現したノンアルコールビールとして人気の1本です。

糖質ゼロ・エネルギーゼロ・プリン体ゼロを実現したノンアルコールビールなので、これらの点を気にしてノンアルコールビールを選ぶ人にも向いています。

ただし、香料や酸味料、人工甘味料などが使われている点には注意してください。

無添加のノンアルコールビールを探している人は、別の製品を選んだほうがいいでしょう。

DRY ZERO (ドライゼロ)

アサヒの「DRY ZERO」は、アルコール入りビールを彷彿とさせる芳醇な香りや喉越しを楽しめる1本です。

ノンアルコールビールテイスト飲料として5年連続で売上No. 1を記録しており、ここからも人気の高さを窺えます。

「とりあえずビールらしい1本を飲みたい」と思っているなら、ぜひDRY ZEROをお試しください。

業務スーパーのノンアルコールビールBurgbrauとヴェリタスブロイを比較

ヴェリタスブロイ

ドイツ製のノンアルコールビールと聞いて、「ヴェリタスブロイ」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

そこで、業務スーパーのBurgbrauとヴェリタスブロイを簡単に比較していきましょう。

いずれの製品もドイツの「ビール純粋令」にしたがって製造されており、それぞれの特徴を一言で紹介すると以下のとおりです。

  • ヴェリタスブロイ: ビールに近いテイスト
  • Burgbrau: フルーティなテイストで飲みやすい

ビールらしさを重視するならヴェリタスブロイを、飲みやすさやフルーティさを重視するならBurgbrauを選ぶといいでしょう。

ヴェリタスブロイは本格的な醸造技術を活用してビールを作り、そこからアルコールを除去することで製造しています。

これによってビールらしいテイストを実現しているのが特徴です。

業務スーパーのノンアルコールビール「Burgbrau」はドイツ直産の本格派だったまとめ

注ぎたてのビール

業務スーパーで販売されているBrugbrauはドイツのビール純粋令に則って造られた1本で、78円(税込)という安価な価格で購入できるのがメリットです。

毎日飲めるノンアルコールビールを探している人や、コストパフォーマンスに優れた1本を探している人はぜひチェックしてみてください。

なお、今回ご紹介したものの他に美味しいノンアルコールビールはたくさん存在しています。

以下の記事でオススメのノンアルコールビールを詳しくご紹介していますので、こちらもぜひあわせて参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ノンアルコールビール事業担当。ノンアルコール・ローアルコールビール専門メディアのAlldropでは商品の写真撮影やレビュー記事を執筆。まだ日本では知られていない海外のノンアルコールビールや醸造所の情報をお届けし、様々な価値を提供できればと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる