海外クラフトノンアルコールビール販売中!

【早起きメリット6選】健康・メンタル・仕事に効果的な早起き習慣を作るコツ

早起きをした方がいいと聞いたことがあるものの、いまいちどのようなメリットがあるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そのような方に向け、今回は、健康面やメンタル面、仕事面で得られる早起きのメリットを紹介します。

早起きすることのデメリットや習慣化する方法、どうしても早起きできない人向けにおすすめの便利グッズも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

発売開始しました!


日本初上陸の海外クラフトノンアルコールビールを販売しています!
ぜひチェックしてみてください!

目次

早起きのメリット

早起きのメリット

早起きは三文の徳という言葉があるように、早起きをすると大きなメリットが得られると言われています。

実際に効果が期待できる早起きのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 生活リズムが整う
  • イライラやストレス軽減につながる
  • 早寝しやすくなる
  • 作業効率が高まる
  • 自律神経が整い健康的になる
  • 余裕を持って一日をスタートできる

生活リズムが整う

毎朝同じ時間に起きて朝日を浴びることで、体内リズムが整い、生活リズムを整えられます。

近年夜まで営業している店が増えたことで、特に都市部では夜になっても街中が明るいことが当たり前になっています。

加えてパソコンやスマートフォンを利用することが増え、ブルーライトの光を浴びることが増えたため、昼夜のメリハリがなくなっている人が増えています。

不規則な生活やメリハリのない生活は、体内時計を狂わせ、不眠症を始めとした体調不良を引き起こしやすくなります。

このような症状に陥らないためにも、早起きが大切です。

決まった時間に朝日を浴び、体内時計をリセットすることで生活リズムを整えることで、健康的な体を手に入れましょう。

イライラやストレス軽減につながる

早起きにより、イライラやストレス軽減が期待できます。

生活リズムを整えるように、早起きをして朝日を浴びることが、イライラやストレスを軽減するポイントです。

朝日を浴びると、幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンが分泌され、体内に多くのセロトニンを増やせます。

早起きをせず、朝日を浴びる時間を作れずに1日を過ごすと、体内のセロトニンが不足気味になります。

セロトニンが不足すると、イライラしやすくなるほか、ストレスが溜まりやすくなり、うつ病や不眠症につながる恐れもあります。

ぜひ早起きをして朝日を浴び、セロトニンを分泌させましょう。

早寝しやすくなる

早起きをすると、朝早くから活動をすることになるため、早寝がしやすくなるメリットもあります。

寝ている時に分泌される成長ホルモンは、眠り始めに深いノンレム睡眠に入れることが重要になります。

成長ホルモンは、子どもの体の成長に影響を与えるイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は大人にも良い影響があるのです。

細胞の修復なども成長ホルモンによって行われるため、エイジングケアにも良い影響を与えます。

そのため早起きをした結果、早寝ができるようになるリットを得られ、一石二鳥です。

作業効率が高まる

早起きをすると、作業効率が高まり、朝の活動(朝活)も行いやすいメリットがあります。

人の脳は、起きてから2時間半~4時間程度が1番活性化すると言われており、朝は作業効率が非常に高まりやすいのです。

人によって差があるものの、起きてから時間が経つごとに作業効率が落ち、朝と夜では作業効率が約8倍変わるという研究結果もあります。

スターバックスのCEOであるハワード・シュルツを始め、多くの有名企業の社長が朝早く起き、作業をしているのも、このような根拠があるからだそうです。

夕方以降に仕事を溜まらせないためにも、早起きをして、作業効率が高まる時間から仕事すると良いでしょう。

自律神経が整い健康的になる

体内のリズムを司っている自律神経は、早起きすることによって整いやすくなります。

自律神経が乱れると、体調を崩したり、精神的なバランスが乱れやすかったりするので注意が必要です。

特に以下のような生活をしていると、自律神経が乱れやすくなります。

  • 夜型で朝日を浴びることが少ない
  • パソコンやスマートフォンを見ている時間が長い

仕事上、パソコンやスマートフォンを見る時間が長くなるのはある程度致し方ないですが、早起きなら誰でもできるはずです。

早起きをすることで、自律神経を整え、健康的な生活を送っていきましょう。

余裕を持って一日をスタートできる

ギリギリの時間に起き、始業時間ギリギリに出社するという生活をしていると、常に時間に追われるので、ミスや焦りが生まれやすくなります。

しかし早起きをし、時間に余裕がある状態を作れていると、時間に追われることがなく、焦りやミスも減らせるメリットがあります。

時間に余裕があると精神的にも余裕が生まれ、良い1日に繋がりやすくなるので、ぜひ早起き習慣をつけていきましょう。

早起きのデメリット

早起きのデメリット

早起きには以下のようなデメリットがあると言われています。

  • 夜型の人には朝活の負担が大きい
  • 人付き合いが薄くなる
  • 仕事中に眠くなりやすい

夜型の人には朝活の負担が大きい

現在夜型の生活をしている人が、朝活をしようとすると、体や精神的な負担が大きくなります。

夜型の人が早起きをする場合、切り替えのタイミングで寝不足になる可能性が高いからです。

少し無茶をして朝活をしてみても、朝活をした日は寝不足になり、眠気に襲われ続け、辛い一日を過ごすことになるかもしれません。

人付き合いが薄くなる

早起きをすると、人付き合いに影響を与える可能性もあります。

9時~18時が就業時間の企業が多く、基本的には飲み会や食事などは、夜に行われることが多いです。

飲み会は夜遅くまで行われることも多いため、早起きの方からすると時間が辛くなり、参加しないという選択も出てくるでしょう。

早起きしたことで、飲み会などに参加しにくくなると、周りから「人付き合いが悪くなった」と言われるかもしれません。

仕事中眠くなりやすい

早起きをすると早い時間から活動するため、必然的に眠くなる時間も早くなります。

そのため人によっては、仕事中にも関わらず眠気に襲われる可能性もあるでしょう。

基本的に人間は起きてから15時間程度経過すると眠くなると言われています。よって急な対応などで仕事時間がいつもより伸びると、睡魔に襲われることもあるはずです。

早起きをして働くというリズムに体が順応してくれば、多少改善されるものの、早起きを始めた際には大きいデメリットとなります。

早起き習慣を継続するコツ

早起き習慣を継続するコツ

早起きをしたいけど、なかなか習慣化できずに困っている方も多いでしょう。

おすすめの早起き習慣を継続するコツは、以下の3つになります。

  • 起きた時に楽しむご褒美を用意する
  • 通常の就寝時間より1時間早く寝てみる
  • まずは3日続けることを意識する

起きた時に楽しむご褒美を用意する

早起きすることが辛く、習慣化できない方は、早起きできた時のご褒美を用意することをおすすめします。

例えば、朝ごはんとして良いジュースや高級パン、自分の好物を用意しておくことで、起きることが楽しみになるかもしれません。

早起きができただけでご褒美を楽しめるようにすると、早起きが苦手な方でも起きられる可能性があります。

とはいえご褒美をずっと用意していると、特別感がなくなるので、早起きを習慣にできるまで用意しておくことをおすすめします。

通常の就寝時間より1時間早く寝てみる

早起きをする際には、就寝時間から調整する方が、無理なく自然に早起きしやすいでしょう。

そのためまずは今まで寝ていた時間から、1時間早く寝て、1時間早く起きることから始めることをおすすめします。

数時間早く起きたい場合でも、1時間ずつ調整していくと、無理なく早起き習慣が作りやすいでしょう。

少し走ってみるなど体を動かしてある程度疲れさせることで、寝る時間を早められます。

少し運動をして、1時間早く寝てみることをおすすめします。

まずは3日続けることを意識する

1ヵ月早起きを続けるなど、高すぎる目標だと、目標が遠くて続かなくなってしまう可能性も大いにあります。

まずは3日続けてみる、継続できたらさらに3日続けてみる、など少しずつ目標を立てていくことを繰り返すことで、早起きが習慣化しやすいためおすすめです。

早起き習慣をつける便利グッズ

早起きを手助けする便利グッズを紹介します。

  • 【快眠サポートギア】Sleepion 2
  • 【マルチサウンドクロック】SEIKO SS501

【快眠サポートギア】Sleepion 2

【快眠サポートギア】Sleepion 2

「Sleepion 2」は、モバイルバッテリーのメジャーブランドであるCheeroが開発したポータブル型の快眠サポートギアです。

音だけでなく、光や香りも加えた3要素で快眠をサポートしてくれます。

リラックス効果があるとされる自然な音質のオリジナル音源が34曲搭載されており、睡眠はもちろん、休憩時間でも効果を得られます。

1/fのゆらぎを持った体のリズムを整えると言われる光を搭載しており、睡眠モード時はぐっすりと深い眠りに入りやすい光になります。

眠ることに特化して調合されたアロマオイルが脳に直接働きかけ、深い眠りに入るサポートしてくれます。

また、Sleepion 2は睡眠以外にも、以下の4つのモードを搭載しています。

  • 睡眠モード 快適な眠りの環境を作る睡眠用(全18曲、各60分)
  • マインドフルネスモード ヨガや昼寝など、小休憩・仮眠用 (全8曲、各25分)
  • コンセントレーションモード 作業効率アップなど仕事用(全8曲、各90分)
  • ブルートゥースモード スマホなどを繋ぐスピーカー用

このように「Sleepion 2」深い眠りに入り、早起きをすること以外にも使える便利グッズです。

【マルチサウンドクロック】SEIKO SS501

【マルチサウンドクロック】SEIKO SS501

デジタルクロックに、高音質のスピーカーを搭載した「【マルチサウンドクロック】SEIKO SS501」は、早起きに向けた快眠のための機能が搭載されています。

心地よい眠りへと導いてくれるオリジナルの1曲や、快適な目覚めをサポートするアラーム音3曲を内蔵しています。

オーディオの老舗ブランドであるOnkyoが認めた高音質のスピーカーで快適な睡眠と爽快な目覚めをサポートしてくれる商品です。

スマートフォンをBluetoothで接続することができ、睡眠時以外にはスピーカーとして活用したり時計として活用することも可能。

枕元における時計なども探している方には特におすすめの商品です。

早起きを習慣にしてメリットを享受しよう

今回は早起きの効果や早起き習慣をつけるコツ、おすすめの便利グッズを紹介しました。

早起きには多少のデメリットがあるものの、健康面・精神面・仕事面で効果があるため、早起き習慣をつけることをおすすめします。

ぜひ本記事を参考に、健やかな生活を送っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

この記事を監修した人

Yuta Asaiのアバター

Yuta Asai

Alldropコンテンツ担当。ノンアルコール・ローアルコールビール専門メディアのAlldropでは記事の作成と海外のノンアルコールビールの輸入事業の責任者をしております。多くの人に海外のビールも楽しんでもらえるように誠心誠意努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる