「夢中に勝る努力なし」と言われる3つの理由と努力を夢中に変える方法

ゴールを目指して走る人

「努力は夢中に勝てない」という言葉を聞いたことはありませんか?

しかしどのような意味なのか、なぜそう言われるのかピンと来ない人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では「努力は夢中に勝てない」という言葉の本質と、どう私生活に活かすべきかを解説します。

何か目標に向けて励んでいる人は知らないと損する内容と言えますので、ぜひチェックしてみてください!

目次

「努力する人」は「夢中になる人」に勝てない

意欲的に学習する人

「努力する人」と「夢中な人」を比較すると、夢中な人のほうが高い成果を出せる傾向にあります。

そもそも「努力は夢中に勝てない」という言葉は論語に記載されており、孔子の言葉「知之者不如好之者、好之者不如樂之者」を翻訳したものです。

この言葉の意味を正しく理解するためには、努力する人と夢中になる人の違いを明確にしておかなければなりません。

言葉の本質を自分の生活に適用することを考えると、なぜそのようにいえるのかを理解することも必要です。

これからそれぞれのポイントを詳しく紹介するので、ぜひ一通りチェックしてみてはいかがでしょうか?

参考:『論語』に学ぶ。人生を導く孔子の名言5選【四聖を紐解く③】

努力と夢中の違いは「ネガティブ」か「ポジティブ」か

目標に向かって努力する人

努力と夢中の違いを簡単に説明すると、「ネガティブな没頭」か「ポジティブな没頭」かです。

以下の表を参考にしてみてください。

言葉概要具体例
努力 ネガティブな没頭 ・試験のために勉強する
・健康管理のために運動する
夢中 ポジティブな没頭 ・外国語を学ぶ
・収入を増やすために資格を取得する

やらなければいけないからやる「努力」と、自分がやりたいからやる「夢中」。

比較すると、夢中のほうが高い効果を生み出せるのも納得できるのではないでしょうか。

努力が夢中に勝てない3つの理由

チェックポイント

「なぜ努力では夢中に勝てないのか?」その具体的な理由は以下の3つです。

  • 継続が苦にならないから
  • 意欲的に学ぶから
  • 仲間が集まりやすいから

ひとつひとつの理由について詳しく解説します。

継続が苦にならないから

努力が夢中に勝てない1つ目の理由は「継続が苦にならないから」です。

前述したとおり、夢中には「ポジティブさ」が含まれています。

自分がやりたくてやっているので時間を使うことが苦にならず、続けやすいのがメリットです。

一方でやりたくないのにやっている「努力」の場合は、時間が経つのが遅く感じたり集中力が欠けたりしてしまいます。

「継続は力なり」という言葉もあるとおり、続けることが結果を出す最大のコツ。

「続けやすい」というのは大きなメリットです。

自然と意欲的に学ぶから

努力が夢中に勝てない2つ目の理由は「自然と意欲的に学ぶから」です。

「必要だから学ぶ」ではなく「学びたいから学ぶ」ので、自然に学習意欲が湧いてくるでしょう。

「必要だから学ぶ」スタンスでは、心が揺らいで集中できなかったり、学習効率が下がってしまったりしがちです。

一方で「学びたいから学ぶ」スタンスの場合、どんどん新しい知識を吸収したいと思うようになります。

学習への熱意が大きく異なるため、積極的なスタンスは学習効率アップのために欠かせません。

夢中な人には仲間が集まりやすいから

努力が夢中に勝てない3つ目の理由は「夢中な人には仲間が集まりやすいから」です。

夢中な人はポジティブ思考が行動にも現れ、周りからも好印象になりやすいもの。

そのため、夢中な様子を見た周囲の人も影響されて仲間が集まりやすくなるでしょう。

自分の周りに同じ志を持つ仲間が集まれば、より継続しやすくなり、結果を出しやすくなります。

努力を夢中に変える3つの方法

プロセス

努力より夢中のほうが良いことを知っても、取り組むべきことを好きになれるとは限りません。

しかし考え方を少し変えるだけで、努力が夢中に変わる可能性があります。

そこでここからは、努力を夢中に変える下記3つの方法を見ていきましょう。

  • 行動や結果を義務付けない
  • 好きなことや得意なことを見つける
  • 結果が出るまで続ける

自分でもできそうなことから取り組むことをオススメします。

行動や結果を義務付けない

「行動しなければならない」「必ず結果につなげなければならない」という考えを一旦やめることも大切です。

上記のように考えているとやる気を失ったり、続けにくく感じたりすることがあるためです。

義務付けないことで焦る気持ちから開放されて、自分のペースで取り組めるようになります。

今まで苦痛だったものでも好きに慣れるかもしれません。

一度好きになってしまえば続けやすいため、結果につながりやすくなる可能性もあります。

「好き」や「得意」なことを見つける

「好き」や「得意」なことを見つけるのもひとつの手です。

今取り組んでいることがどうしても好きになれないのであれば、思い切ってやめることも検討してみてください。

もちろん、必要に迫られている場合はやめられないでしょう。

しかし必須でない場合は、一旦やめて自分が好きなことや得意なことに挑戦するのもオススメです。

もともと好きなことや得意なことなら最初から努力ではなく夢中になれるので、続けやすくなります。

さらに、取り組むこと自体が楽しくなるので自ずと結果につながるのもメリットです。

結果が出るまで続ける

もし、やりたくないのにやらなければならないことであれば、「結果が出るまで続けよう」と考えるのもオススメです。

「結果を出さなければならない」と義務化するのは逆効果ですが、「努力すれば結果がついてくる」と考えるのは続ける力になります。

とりあえず目に見える結果が出るまで続けてみれば、苦手だと思っていたことでも好きになれるかもしれません。

ただし、結果が出るまでにはある程度の時間がかかるので、それまで諦めずに続ける努力が必要です。

どうしてもやらなければならないなら、一度思考を切り替えてしまいましょう。

結果が出るまで努力を続ける5つの方法

集団で走る人々

ここからは、前述した「結果が出るまでやり続ける」ために役立つ方法を紹介します。

今回ピックアップするのは以下の5つなので、自分にできそうなものから取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • 家族や友人など周りを巻き込む
  • 朝の時間を活用する
  • 目標を細分化し成功体験を積む
  • 目標や計画は自分の行動を中心に考える
  • 自分ルールを設定する

いずれも努力を継続する上で大切なポイントです。

一度にすべてにチャレンジするのは難しいので、できるところから挑戦するようにしてください。

家族や友人など周りを巻き込む

自分ひとりで物事に取り組んでいると「今日は疲れたから休もう」「明日やればいいか」とサボってしまいがちです。

もし自分にこのような傾向があるなら、家族や友人などの周りの人間を巻き込むのも良い方法といえるでしょう。

一緒に努力する仲間を作ることで、「ほかの人も頑張っているのだから自分も努力しよう!」と思いやすくなります。

また周りに仲間がいれば、悩みを抱えたときに相談しやすくなるのもメリットです。

困ったことや良かったことなど、積極的に相談しましょう。

朝の時間を活用する

「いつも邪魔が入って時間が奪われてしまう」と悩んでいるなら、朝の時間を活用するのがオススメです。

朝はほかの時間帯に比べて邪魔が入りにくいので、自分の時間を確保しやすいでしょう。

「朝起きたらまずは○○する」など、努力すべきことを朝のルーティンに取り込んでしまってください。

そうすれば邪魔されにくくなり、自然に続けられるようになるでしょう。

しかし人によっては、朝が苦手で続けられるか心配に感じている人もいるのではないでしょうか?

そのように感じているなら、前述した「他人を巻き込む」方法がオススメです。

他人と一緒に取り組むことで、朝の時間を有効活用しやすくなるでしょう。

目標を細分化し成功体験を積む

目標を決めるときは、「長期的な目標」と「短期的な目標」の2つを考えましょう。

それぞれ以下のようなものを示しています。

  • 長期的な目標:最終目標や年単位の目標(年単位の目標など)
  • 短期的な目標:数日~数週間で達成できそうな細かい目標(日単位・週単位の目標など)

長期的な目標を達成するまでに必要な行動を細分化し、短期間で無理なく達成できる目標を複数設定してください。

最初から長期的な目標を意識すると、なかなか達成できずに諦めそうになります。

そのため次に達成すべき目標にフォーカスして努力するのがオススメです。

短期的な目標をひとつずつ達成することで成功体験を積み、次の目標に向かって頑張ろうと思えるようになります。

ほかにも、今どの程度の進捗状況なのかを可視化できるので、着実に進んでいるという実感を持ちやすいのもメリットです。

目標や計画は自分の「行動」を中心に考える

目標や計画を定めるときには、「自分の行動」を中心に考えることが大切です。

他人が絡む目標や計画を定めると、達成できないリスクが高くなるだけでなく、自分が本当に成長しているのか実感しにくくなってしまいます。

以下に良い例と悪い例を掲載するので、ぜひ参考にして目標や計画を定めてみてください。

良い例悪い例
自分の行動を中心にした目標/計画他人が影響する目標/計画
・1日1時間外国語を学習する
・朝7:00から1時間資格取得のための勉強をする
・今週中にWebサイトを3回更新する
・次の大会で10位以内に入る
・今週中に5件のアポイントを取る

自分の行動に着目した目標や計画であれば、ランダム要素が少なくなるので達成しやすくなります。

ほかにも、目標を達成するためにどう時間を配分すればいいかなど、さまざまなスキルを習得できるでしょう。

「飲み会は月〇回まで」など自分ルールを設定する

ひとつのことに集中するためには、自分なりのルールを定めることも大切です。

「毎日最低1時間はスキルアップに使おう」と考えていても、日常生活の中には誘惑になるものも多数存在します。

そのため事前に何が誘惑になりそうなのかを考えて、対策できるようルールを設定するのがオススメです。

自分ルールの例としては以下のようなものがあります。

  • 飲み会に参加するのは月4回までにする
  • 朝6:00には起きて1時間は勉強に費やす
  • 週末は息抜きとして〇時間確保する

もちろん、一定のルールを定めたらしっかり守るようにしてください。

ルールを守らないことが続いてしまうと、「今日は忙しかったからサボろう」となってしまいがちです。

ルールを定めることと守ることはセットなので、きちんと守れる内容かどうか考えてから設定しましょう。

夢中になることの副次的メリット3選

喜ぶ人々

自分にとって夢中になれることを見つけることにはさまざまなメリットがあります。

ここからは、夢中になることの副次的なメリットとして以下の3つをチェックしていきましょう。

  • 人生の充実度が高まる
  • 余裕が生まれて寛容になる
  • クリエイティブな発想が生まれやすい

いずれも自分の人生にとってプラスになる影響です。

人生の充実感が高まる

夢中になれることは自分が好きなことでもあるので、時間を使うことで人生の充実度が高まります。

夢中になれることがなければ「毎日変化がなくてつまらない」と思ってしまうかもしれません。

しかし夢中になれることを見つけられれば、日々の生活の中にワクワク感を取り入れられます。

日常生活にメリハリをつけて楽しめるようになるので、自分が好きで夢中になれるものを探してみてはいかがでしょうか?

余裕が生まれ他者にも寛容になる

人生の充実度が高まれば気持ちにも余裕ができ、他者の意見や行動にも寛容になります。

他者の見解や意見に触れることで、人生のヒントを得られるかもしれません。

進歩する上でさまざまな意見にふれることは大切なので、大きなメリットになるといえるでしょう。

クリエイティブな発想が生まれやすい

夢中になれることがあるのは、ポジティブな思考を持ちやすいことを意味しています。

ポジティブで前向きな思考パターンは新たな発見につながり、クリエイティブな発想に至りやすくなるでしょう。

イノベーションにつながる可能性もあるので、ぜひ自分が夢中になれることを見つけて没頭してみてください。

努力を夢中に変える方法まとめ

夢中になる人

「努力は夢中に勝てない」 という言葉がある通り、ネガティブな没頭よりもポジティブな没頭のほうが生み出す成果が大きくなります。

とはいえ人生においては、好きではないけど頑張らなければいけないことも多々あるものです。

そこでオススメなのが、努力しなければならないことを夢中になれるものに変えてしまう方法。

考え方を変えたり結果が出るまでやり続けたりすることで「好きなこと」に変えられるかもしれません。

一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

自分が夢中になれることを発見できれば、ポジティブ思考になって人生にも良い影響を及ぼすでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる