ラガービール

ラガービール
目次

ラガーとは

ラガーとは下面発酵酵母を使って10℃以下の低温で発酵して造られるビールです。
のどごしがよくスッキリとしていて飲みやすいビールで、日本で流通しているほとんどがこのラガービールです。
一概にラガーとはいっても様々なスタイルが存在しています。

  • ピルスナー
  • メルツェン
  • デュンケル
  • シュヴァルツ
  • ボック
  • ラオホ

ピルスナー (PILSNER)

アルコール度数:4~5%

1842年チェコのピルゼンで誕生したことから「ピルスナー」という名前になりました。
黄金色で白くきめ細やかな泡に、キリッとしたホップの上品な苦味と香り、スッキリとしたクリアな味わいが特徴。日本だけでなく世界で最も飲まれているスタイルがこれです。

メルツェン (MÄRZEN)

アルコール度数:5~6%

「メルツェン」はドイツ語で「3月」という意味を持つビールで、ホップの苦みは少なくクリーン味わい。
3月に仕込みをして秋の収穫祭で飲み干すことから「オクトーバーフェスト」とも呼ばれます。

デュンケル (DUNKEL)

アルコール度数:4.8~5.3%

「デュンケル」とはドイツ語で「濃い・暗い」の意味。
モルトの苦み、ラガーらしい軽い口あたりのバランスがいい味わいです。

シュバヴァルツ (SCHWARZ)

アルコール度数:4~5%
「シュヴァルツ」とはドイツ語で「黒」という意味持つビールで、見た目は濃厚でコーヒーやチョコレートを感じる味わいが特徴。

ボック (BOCK)

アルコール度数:5~6%

北ドイツのアイゼンベックという町で14世紀ごろに生まれたビールで、見た目の色は濃く、モルト感の強い芳醇な味わいが特徴。
「アイスボック」は「ボック」を一度凍らせてビールの成分より凍るのが早い水を取り除き、さらにアルコール度数を高めたものです。他にも「ヘレス・ボック」や「ドッペル・ボック」などがあります。

ラオホ (RAUCH)

アルコール度数:4~7%

ドイツ・バンベルグで生まれたスモークしたモルトを使っている燻製ビールで、燻製の香りと味わいが特徴。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ノンアルコールビール事業担当。ノンアルコール・ローアルコールビール専門メディアのAlldropでは商品の写真撮影やレビュー記事を執筆。まだ日本では知られていない海外のノンアルコールビールや醸造所の情報をお届けし、様々な価値を提供できればと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる