ノンアルコールビールに含まれるGABAが凄い!身体に与える6つの効果とは

ビール

「ノンアルコールビールにGABAが含まれているの?」
「GABAにはどのような効果があるの?」

このような疑問はありませんか?

結論から言うと、ノンアルコールビールにはGABA(Gamma-Amino Butyric Acid)と呼ばれるアミノ酸が含まれています。

この記事では、ノンアルコールビールに含まれるGABAが健康面に及ぼす効果を紹介します。

この記事を読めば、ノンアルコールビールを飲むメリットを理解でき、健康面を考慮して飲み物を選ぶのに役立つでしょう。

おすすめのノンアルコールビールについて知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2021年最新】ノンアルコールビールおすすめ23選! 1,009人に聞いた人気ランキング
【2021年最新】ノンアルコールビールおすすめ23選! 1,009人に聞いた人気ランキング人気急上昇中のノンアルコールビールですが、種類も多くどれがおすすめなのか知りたい方も多いのではないでしょうか?この記事では、人気が高いノンアルコールビールを...

また、Sober Curious (ソバーキュリアス)というお酒自体は飲めるが「あえて飲まない」ライフスタイルを選ぶ人や少量しか飲まない人たちが海外を中心に増えています。ビールの代替品としてノンアルコールビールを飲むのではなく、ノンアルコールビールなどを飲むことで、健康的なライフスタイルを求めることに加えて精神的な豊さをも求めているのです。

目次

ノンアルコールビールにはGABAが含まれている!

ビールとグラス

ノンアルコールには一般的なビールと同様に麦芽が原料として使われており、製品に含まれているGABAはこの麦芽に由来しています。

ほかにも、ノンアルコールビールには鎮静作用をもつ成分を含むホップも使われているのも見逃せません。

GABAやホップは健康に好影響を及ぼす成分なので、健康によい飲み物を探している人にオススメです。

ノンアルコールビールという名からもわかる通り、アルコール分を含まないのでアルコールによる悪影響も防げます。

「ビールを飲みたいけれど、健康面を考えてできるだけ避けている」という人にもオススメなのがノンアルコールビールです。

ノンアルコールビールに含まれるGABAの6つの効果

多種多様なビール

ノンアルコールビールに含まれているGABAの健康効果を大きくわけると、以下の6つです。

  • 快眠・リラックス効果
  • ダイエット効果
  • 血圧降下
  • 中性脂肪の低減
  • 学習と記憶の促進
  • 成長ホルモンの分泌促進

これからそれぞれの健康効果を詳しく解説します。

GABAの健康効果についてさらに知りたい人は、ぜひ一通りチェックしてみてください。

参考:ギャバ(GABA)の効能と有効摂取量に関する文献的考察

快眠・リラックス効果

GABAには、交感神経の働きを抑制するとともに副交感神経を活性化してリラックスさせる効果があり、快眠効果をもたらします。

「睡眠の質を改善したい」「寝付きが悪くて困っている」という悩みを持っている人は、GABAを摂取するとよく眠れるようになるかもしれません。

GABAがもつリラックス効果を考えると、日々のストレスを閑話するためにノンアルコールビールを飲むのもよい方法です。

ノンアルコールビールは眠れなくて困っている人、ストレスを解消してリラックスしたい人が1日の終わりに飲む飲み物に向いています。

ダイエット効果

多くのノンアルコールビールには「アルコール分0.00%」と記載されており、アルコール(エタノール)をまったく含んでいません。

アルコールはエネルギー源の1つになるため、摂取するとより多くのエネルギーを摂取することになります。

他にも、アルコールを摂取して酔うと食欲が増進して暴飲暴食につながる危険性もあります。

積極的にノンアルコールビールを選べば、アルコールの働きによる健康面への悪影響を防げるので健康を考える人にオススメです。

ただし、ノンアルコールビールにも微量のアルコール(1%未満)を含むものがあるので注意してください。

事前に成分表を確認して「本当にアルコールを含んでいないか」をチェックしましょう。

妊娠中の女性や健康面に気を配っている人は、アルコール分0.00%かつ無添加のノンアルコールビールを選ぶことをオススメします。

ノンアルコールビールのダイエット効果については以下の記事でも解説しているので、ぜひあわせてご確認ください。

血圧降下

GABAには副交感神経を優位にする作用があるため、血圧を降下させる効果があります。

高血圧になる原因の1つに交感神経と副交感神経のバランスの崩れがあり、これが原因の場合はGABAの血圧降下作用によって改善する可能性があるでしょう。

GABAを摂取しているからといって安心はできませんが、サポート程度の効果は期待できるかもしれません。

高血圧症を改善したいと思っている人は、日々の生活にノンアルコールビールを取り入れるのがオススメです。

中性脂肪の低減

GABAには中性脂肪の増加を抑制する作用があります。

中性脂肪は増えすぎると脂肪肝や動脈硬化の原因になるため、抑制作用をもつGABAは健康維持に効果的です。

ノンアルコールビールのなかには、脂肪を減らす成分を添加した製品もいくつか存在しています。

機能性表示食品や特定保健用食品になっている製品もあるため、そのようなものを選べばGABAとの相乗効果を期待できるでしょう。

中性脂肪を減らしたいと思っている人は、ぜひ脂肪燃焼効果をうたっているノンアルコールを選んでください。

学習と記憶の促進

GABAには記憶・学習を促進する作用があり、摂取すると認識能力や学習能力が高まります。

この学習・記憶の促進作用は記憶障害を改善する機能もあることから、アルツハイマー病の改善にも役立つと考えられている成分です。

GABAを含むノンアルコールビールを継続的に摂取することで、ある程度の学習・記憶の促進効果や記憶障害の改善が期待できるかもしれません。

ただし、ノンアルコールビールに含まれるGABAのみに期待しすぎるのは避けたほうがよいでしょう。

高い健康効果に期待するなら、同時に日々の食事などにも気を配る必要があります。

成長ホルモンの分泌促進

GABAを摂取すると、血液中に含まれる成長ホルモンの量が増加することが知られています。

成長ホルモンは代謝を促進して脂肪を燃焼させる効果や老化の抑制効果などがあり、美容面や健康面に効果的と注目されているものです。

成長ホルモンの分泌が促進されることによるアンチエイジング効果にも期待できます。

継続的にノンアルコールビールを飲み、GABAを摂取するのは美容面でのよい効果を求める人にオススメです。

ただし、ノンアルコールビールも飲み過ぎは注意

グラスに注いだビール

ここまでで、ノンアルコールビールに含まれるGABAには健康面でよい効果があることを説明しました。

しかし、ノンアルコールビールが健康的な飲み物だからといって飲みすぎるのは逆効果です。

ノンアルコールビールを飲みすぎると、以下のような悪影響を受ける可能性があります。

  • 果糖ブドウ糖液の過剰摂取による肥満
  • 添加物によるなんらかの影響
  • アルコールの摂取による影響(微量のアルコールを含む商品の場合)

製品によって添加物の種類は異なるので、事前に成分表を確認してから購入しましょう。

ビールにはあまり使われていない苦味料やカラメル色素、アセスルファムカリウムなどの添加物を含むものもあります。

ビールとノンアルコールビールでは使われている添加物に違いがあるので、添加物による健康面への影響を考えるなら「無添加」のものを選ぶのがオススメです。

健康志向にオススメの無添加ノンアルコールビール7選

複数のノンアルコールビール
製品名GREEN’S FREE龍馬1865NINJA LAGER昼ビ小樽ビールヴェリタスブロイNON ALE
実売価格
(税込)
約170円約135円約220円販売休止中約240円約100円約230円
エネルギー9 kcal/100 mL11 kcal/100 mL12 kcal/100 mL12 kcal/100 mL27 kcal/100 mL12 kcal/100 mL非公開
プリン体0 g~3.2 g/100 mL0 g/100 mL0 g/100 mL非公開非公開非公開非公開
爽快感がある酸味がやや強め独特なコクがある苦味が強めライトラガーに近いやや酸味が強い麦の香りが強い
2021年6月8日時点

ここからは、健康面を気にする人にオススメのノンアルコールビールを7種類紹介します。

ノンアルコールビールといっても多すぎて選びにくいと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

今回は健康志向にオススメの商品を紹介しますが、ほかにもオススメのノンアルコールビールは数多く存在します。

以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてはいかがでしょうか?

GREEN’S FREE (グリーンズフリー) キリン

GREEN’S FREE (グリーンズフリー) キリン

「GREEN’S FREE」はクラフトビールにも使用されているネルソンソーヴィンホップを使っており、しっかりした苦味と爽快感ある味わいが魅力的な1本です。

香料や甘味料など、余計な添加物が含まれていないので健康志向の人に向いています。

ビールらしさもある1本なので、ビールの代わりに飲める製品としてもオススメです。

ただし、炭水化物や糖質を含んでいるので飲みすぎないように注意し、適量を心がけてください。

龍馬1865

龍馬1865

完全無添加のノンアルコールビールを探している人にオススメなのが「龍馬1865」。

麦芽やホップをしっかり使っているものの、コクは少なめでビールらしさよりもスッキリとした味わいが魅力的な製品です。

「龍馬1865」の原材料は麦芽・ホップ・二酸化炭素(炭酸)のみなので、余計な添加物を摂取したくないならぜひ飲んでみてください。

ただし、糖質を含んでいてノンカロリーでもありません。

糖質を摂取しすぎると肥満の原因になりかねないので、飲みすぎないように注意してください。

NINJA LAGER

NINJA LAGER

「NINJA LAGER」は、独特の味わいと芳醇な香り、コク、苦味が魅力的なノンアルコールビールです。

NINJA LAGERはドイツ産の麦芽とホップにこだわって作られており、ハラル認証も受けています。

添加物を使用していないので、添加物が健康面に与える影響を気にする人にもピッタリの1本です。

スッキリとした味わいや爽快感を楽しみたい人は、ぜひ一度飲んでみてください。

昼ビ

昼ビ

無添加かつ麦芽100%にこだわったノンアルコールビールを探している人にオススメなのが「昼ビ」。

「身体に良くないものは一切使用していない」とアピールしているため、健康面を重視する人にとっては見逃せません。

ただし、糖質を含んでいてノンカロリーではないので、適量を心がけて飲みましょう。

麦芽の香りはしっかりしているものの、コクは少なめでスッキリした味わいの1本です。

ビールらしさも感じられるので、ビールの代わりになるノンアルコールビールを探している人もぜひ一度試してみてください。

小樽ビール

小樽ビール

「小樽ビール」のノンアルコールビールは、ライトラガーのテイストを再現することを目標にして開発されました。

麦芽とホップのバランスにこだわっており、コクがある味わいと強い苦味が特徴的な1本です。

とはいえ、ビールらしいテイストというよりかは海鮮をイメージさせる独特な味わいを楽しめます。

余計な添加物を含まないので変な後味はありません。

スッキリと飲めて健康的な1本なので、健康志向の人に向いています。

ヴェリタスブロイ

ヴェリタスブロイ

「ヴェリタスブロイ」は麦芽・ホップ・酵母・水のみを原料として作られており、人工的な添加物は一切使われていません。

麦芽の味わいが特徴的で、コクは少なめですがビールらしいテイストを楽しめます。

「ノンアルコールビールにはビールらしさがない」と悩んでいる人にもオススメの1本です。

ビールらしいテイストを実現している理由は、一度ビールとして製造してからアルコールを抜いているためです。

もちろん、アルコール分は0.00%なので完全にアルコールを避けたいときや休肝日でも安心して飲めます。

ビールに近いノンアルコールビールを探しているなら、ぜひ「ヴェリタスプロイ」をお試しください。

NON ALE (ノン・エール) 常陸野ネスト

NON ALE (ノン・エール) 常陸野ネスト

「NON ALE」は、麦芽とホップにこだわって作られたノンアルコールビールです。

イギリス産の最上級麦芽を使用しており、強めの苦味を楽しめます。

さらに、芳香な香りとフルーティなテイストも魅力的です。

一方で酸味は弱めなので、ノンアルコールビールにありがちな強い酸味が苦手な人にもオススメできます。

ただし、「NON ALE」はアルコール分を0.3%含んでいます。

完全なノンアルコールビールではないので、少しのアルコールも摂取を避けたいなら別の製品を選んだほうがよいでしょう。

ノンアルコールビールに関するQ&A

多種多様なノンアルコールビール

GABAを含んだノンアルコールビールが健康的な飲み物ですが、実際に飲もうとするといくつかの疑問が湧いてくるかもしれません。

そこで、ここからはノンアルコールビールに関してよくある質問を3つピックアップします。

ノンアルコールビールが本当に健康的な飲み物なのか知りたい人は、ぜひ一通りチェックしてみてください。

Q.ノンアルコールビールは太る?

商品によっては、飲みすぎると太る可能性があります。

これは、ノンアルコールビールの中には糖質を含むものや代謝によってエネルギーを生成するものがあるためです。

そのような製品は飲みすぎると肥満の原因になるので、気になるならノンカロリーかつ糖質ゼロのものを選びましょう。

Q.ノンアルコールビールを健康診断前日に飲んで大丈夫?

無添加かつアルコール分0.00%のものであれば、健康診断前日に飲んでも問題ありません。

Q.ノンアルコールビールの脳への影響は?

ノンアルコールビールにはホップやGABAを含むため、脳に鎮静効果やリラックス効果をもたらします。

ノンアルコールビールとGABAの効果まとめ

ビールとホップ

ノンアルコールビールはビールと同様にGABAを含むため、リラックス効果・ダイエット効果・血圧降下・中性脂肪の低減などの健康効果に期待できます。

また、ビールとは異なりほとんどの商品がアルコール分を含んでいません。

含んでいても1%未満なので、アルコールによる健康面への悪影響も避けられるのがメリットです。

健康上の理由によりビールを避けている人や、休肝日を設けている人はぜひノンアルコールビールを検討してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ノンアルコールビール事業担当。ノンアルコール・ローアルコールビール専門メディアのAlldropでは商品の写真撮影やレビュー記事を執筆。まだ日本では知られていない海外のノンアルコールビールや醸造所の情報をお届けし、様々な価値を提供できればと思います。

この記事を監修した人

SAKEプロデューサー/野菜ソムリエプロ
札幌市生まれ。会社員時代の趣味が高じて15年間で300種類以上の自家製酒レシピを開発する。
現在は野菜・フルーツの記事やキッチン雑貨などの商品監修、大手酒類メーカーの自家製酒レシピ開発も手がける。
著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200(秀和システム)』は台湾など世界5か国でも出版している。

コメント

コメントする

目次
閉じる